活動報告

活動報告ページtopへ戻る

2015年 活動報告

KVBC忘年会

会期:2015年12月15日(火)  実施時間:18:30~20:30
会場:京都タワーホテル

 KVBC恒例の忘年会は、12月15日(火)に京都タワーホテルにて会員同士の親睦をより一層深めることを目的に行われました。
 多くの賛助会員の参加もいただき、アトラクションの「京都大学学生グループ『ゆぴてる』によるアカペラ演奏」、恒例のビンゴゲームなど 一年間の苦労も忘れ、新たな年の「新たな創造へのステージ」への第一歩を向かえるにふさわしい賑やかな交流の集いとなりました。


大東利幸氏


「ゆぴてる」によるアカペラ演奏


交流の様子

企業経営実践型ビジネスゲーム「バトルクレイン」

会期:2015年10月20日(火)  実施時間:18:00~21:00
会場:京都市国際交流会館 特別会議室

 「バトルクレイン」は企業・団体の社員研修、行政・公的機関の創業・経営改革塾、教育機関の
就職活動対策・総合学習などに活用され、優れた効果をあげています。
 これを体験していただき、戦略的思考・総合判断・計数管理・リーダーシップ・コミュニケーションなどのビジネススキルの向上を図り、 自身の長所・欠点の再確認に役立てていただくことを目的に開催致しました。
 各期の途中で発せられる「天の声」も影響を及ぼすなど、迫真のシミュレーションに会場は熱気に包まれ、参加した誰もが確かな手応えを 得ることができました。


ゲームの様子


ゲームの様子


ゲームの様子

9月 徳島視察研修

会期:2015年10月1日(木)~2015年10月2日(金)
主要訪問先:日亜化学工業株式会社、株式会社いろどり

 視察研修ならではの多彩な学び
数多くの新たな出会いに大きな収穫を実感


 今回、視察研修では青色LEDで全世界に多大なインパクトを与え、その応用分野を拡大し続けている日亜化学工業㈱から「葉っぱビジネス」で過疎と高齢化の課題を抱えた町に奇跡を起こした㈱いろどりまで多彩な分野で傑出したベンチャー企業を探訪。次代を切り拓く技術力、卓越した人材の活性化、際立つ発想力など数多くの学びを得ることができました。また、徳島・京都企業交流会をはじめとする新たな出会いの数々も大きな収穫となりました。現地では全行程をJA役員(㈱立木写真館)立木さとみさんをはじめ多くの方々にサポートしていただき、心の交流の大切さを教えられました。

第5回「会員交流サロン」

会期:2015年8月18日(火)  実施時間:18:00~21:00
会場:京都タワーホテル

 今回は「京都ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を索引する京都市ソーシャルイノベーション研究所コーディネーターの山中はるな氏をゲストとしてお迎えした構成で実施。
 ベンチャービジネスの次代を切り拓くために役立つ多彩な情報に耳を傾け、その後の会員企業の事業展開を聞くと共に納涼会での会話も弾み、実り多い一日となりました。

 最初にゲストスピーカーの山中はるな氏から、地方創成の索引役として公益財団法人京都高度技術研究所内に設置された「京都市ソーシャルイノベーション研究所」の案内と、「これからの1000年を紡ぐ企業認定」の目的・対象・評価基準・認定組織等に関する説明と積極的な参加の呼びかけが有りました。それに続いての会員企業3社の事業説明の一番手は中沼アートスクリーン株式会社製造部統括部長の田口隆氏からお話をいただきました。1954年(昭和29年)創業からのシルクスクリーン印刷技術に技術革新を続けて、2009年(平成21年)の経済産業省近畿経済産業局「2009KANSAIモノ作り元気企業100社」に選定され、さらなる技術革新により電子部品や家電製品のパネル分野などへの新展開推進の現状を。続いては、社会貢献をテーマに掲げて公益財団法人、社団法人、NPOのサポートに特化した業務を通じた社会貢献を目指されている前川健司税理士事務所 所長の前川健司氏からの事業紹介。最後に京都1200年余の伝統技術を背景に法衣や袈裟の洗い・補修、打敷などに施された刺繍の修復などで困り事の聞き込みで業務拡大を図り、毎年右肩上がりの売上を堅持されている株式会社和光舎の代表取締役社長 西谷真一氏のお話など、様々に事業革新とその特徴を聞かせていただき、多くの参加者からは「刺激を受けた1日だった」との評価もいただきました。


山中 はるな 氏


田口 隆 氏


前川 健司 氏


西谷 真一 氏


講演の様子

第4回「会員交流サロン」

会期:2015年7月14日(火)  実施時間:18:30~21:00
会場:ホテルグランヴィア京都


 最初は、IT分野で32年の実績を誇り社員全員がエンジニアという、PC関連ソフト開発会社の株式会社日本電算機標準 取締役の徳永竜二氏に始まり、『売れる』マーケティングと「売れ続ける」ブランディングをモットーに、中小企業へのコンサルティングとプロデュースを業務にする有限会社ブルームの代表取締役 松尾裕司氏。3番目には京都初のオープンデーターを活用したアプリを開発推進中のエイジシステム株式会社取締役部長の大伴英雄氏。最後に地域の特産品開発から、若者就労支援カフェを展開されている有限会社エスアールフードプロデュース代表取締役の斎藤三映子氏にお話しいただきました。さらに、引き続き行われました立食パーティーにも、お聞きした内容も話題に上り、会員企業の双方を知る上からも交流企画の効果を見ることができた、交流会となりました。

毎回、KVBCメンバーにご登場いただき、その業務内容や次代に向けた企業戦略をアピールしていただく「会員交流サロン」。今回もIT関連からフードプロデュースまで多彩な分野の第一線で御活躍の会員企業の方々に極めて有意義で興味深いお話をお聞きすることができました。


徳永 竜二 氏


松尾 裕司 氏


大伴 英雄 氏


斎藤三映子 氏


交流会の様子

2015年8月21日

6月 第31回総会

会期:2015年6月24日(火)  実施時間:16:30~21:00
会場:ホテルグランヴィア京都

 第1部の議案報告では、昨年の事業・収支決算・監査について原案通り承認されました。その後、KVBC設立30周年の節目となる「2015年度事業計画」も無事に承認され、「~新たなステージを築こう~『Create New Stage』」の新年度として、会員の皆様からもさらなる発展に期待をよせられての総会となりました。
 第2部での記念講演では、KBS京都の経済情報番組「京Biz」のキャスターして活躍されている竹内弘一氏を講師にお招きして「尽きることのない卓越した企業 これ自体が『京都の底力』の証」をテーマにご講演いただき、長い歴史に培われた確かな技術の力を改めて知ることができました。その熱気に包まれた多くの出席者の皆様のおかげで、第3部の懇親会も名刺交換や挨拶などの交流が盛んに行われ、無事盛況に終了しました。


総会の様子


竹内弘一氏


懇親会カンパイの御発声
(京都市産業戦略監 白須 正)