KVBCについて

入会のお誘い

設立趣旨

行政の呼びかけで発足したKVBC

「京都市ベンチャービジネスクラブ(KVBC)」は、高度な技術や独創的な経営活動で成長を続けるベンチャー企業の交流組織です。会員相互の情報交換、諸外国・大学との技術交流、マーケティング強化といった産学官連携を目指して1985年8月に京都市からの呼びかけで結成しました。
メンバーは、新しい技術やノウハウを持った新進気鋭企業が中心となっています。

スピリットは「創造、交流、成長」

「Shake Hands Tomorrow」(創造、交流、成長)を合言葉に、ベンチャースピリットを通じて、相互に交流し、協調の精神で産業の成長と振興を図ることを目指しています。
KVBCでは、セミナーや各種研修会をはじめ、あらゆる活動を活発に行っています。
また、機関誌の発行を通じて会員相互の交流、情報交換を促進し、企業活動において的確な状況判断と迅速な対応ができるように努めています。さらに、ベンチャー企業全体の振興を図るために技術セミナーなどを積極的に開催しています。

未来派企業集団として「京都から世界へ」

現代社会は、先行きの読めない不透明な状況の中にあります。しかし、このような状況は機動性を発揮できるベンチャー企業にとって成長への大いなるチャンスの時であり、産業構造の転換を図り、経済を活性化していくための原動力として大きな活躍が期待されています。
このようななかでKVBCでは、社会情勢にフレキシブルに対応するための研究活動も積極的に行っています。KVBCは、ベンチャーの都市・京都から世界へ飛躍を目指す「未来派企業集団」として、創造と挑戦を続けます。