KVBCについて

入会のお誘い

ご挨拶

代表幹事 ご挨拶

大東利幸

さて、経営者として求められる姿勢とは何でしょうか。どんな時代にあっても夢と志をもち、先を見据え進む方向を見定め、長中期に、また、短期に計画を描き、変化を厭わず今日を精一杯行動する。
我々、京都市ベンチャービジネスクラブは1985年発足からの意志を継ぎ、その時々の変化に対応し得てきたからこそ現在があります。これは正に事業の継続と同様です。
しかしながら、企業経営における外部環境は想像し得なかったスピードで日々変化し、それらに対応するための内部の環境と自己変革ができなければ未来はありません。
このようななか、今一度、創造的企業経営の原点に回帰し、夢に向かって日々の実践に取り組む経営姿勢の確立を礎とし、経営者共通の目的である、より良い製品とサービスの創造と提供を通じ、顧客を創造するマーケティング活動を実践するために、京都市ベンチャービジネスクラブは、「創造と挑戦を続ける未来派集団」という活動理念の元、交流と研鑽を深める最上の場と機会を提供することを目的とし、京都市産業発展の一助となりますよう運営をしております。

大東寝具工業株式会社 代表取締役
大東利幸

京都市産業戦略監 ご挨拶

白須 正

平安建都以来1,200年を超える悠久の歴史に彩られた京都は,先人の伝統を守り受け継ぐ一方で,進取の気風に富み,数多くのベンチャー企業を輩出してきたベンチャーの都でもあります。

京都市ベンチャービジネスクラブは,この京都の地から世界への飛躍を目指す「創造と挑戦を続ける未来派集団」として1985年に結成されました。
「Shake Hands Tomorrow(創造,交流,成長)」を合言葉に,歴代の役員並びに会員の皆様の努力と研鑽により,現在では,会員相互の連携や経営力,人材育成の強化に取り組む活発な異業種交流グループとして大きな成長を果たしてこられました。
また,当クラブから,本市の産業界をリードされる企業や,優れた事業発展計画により経営革新に取り組むオスカー認定企業が多数誕生するなど,会員の皆様のベンチャースピリットに富んだ御活躍を大変喜ばしく感じております。
今後とも,高度な技術革新力を持ち,特定分野において国内外で大きなシェアを占める「京都型グローバル・ニッチ・トップ企業」をはじめとして,当クラブから京都経済の中核を担う中小企業が数多く輩出されることを御期待申し上げます。

このホームページにより,多くの皆様に,京都で活躍するベンチャー企業のエネルギーに触れていただき,京都市ベンチャービジネスクラブの多様な活動を知っていただくことを願っております。

京都市産業戦略監
白須 正