KVBCについて

入会のお誘い

ご挨拶

代表幹事 ご挨拶

大東利幸

 京都市ベンチャービジネスクラブ(KVBC)は1985年8月に京都市の呼びかけで「創造と挑戦を続ける未来派集団」として結成されました。発足時にはIT関連企業が中核を担う団体でしたが、今では、機械・印刷・生活・観光・サービスなど極めて多くの業種の方々に参加していただいております。

 京都では、数百年続く老舗の企業が数多く存在する一方で、時代の流れに対応できず志半ばで廃業される企業も後を絶ちません。「中小企業の寿命は30年」と言われたのは、もはや過去の話。今では、グローバル化、ネットワーク化が進み、優れたアイデアや技術も10年経てば陳腐化し、世界を舞台にした熾烈な競争時代に入っています。

 そうした中、経営者として求められる姿勢とは何でしょうか。どんな時代にあっても夢と志をもち、先を見据え進む方向を見定め、挑戦し続ける姿勢こそが大切ではないでしょうか。

 我々KVBCは「Shake Hands Tommrow」(創造、交流、成長)を合言葉に、京都の更なる産業発展の一助となるよう運営をしてまいりました。これからも、より多くの経営者の皆様との出会いや交流を深め、経営のヒントをつかみ、企業の成長に役立てればと考えております。

株式会社アラキ工務店 代表取締役
荒木 勇